エンジニアが使う「理由と合わせて意見を伝える」フレーズを英語に変換

理由と合わせて意見を伝える」ためのフレーズを英語にします!

同じエンジニアで英語が出来るようになりたい人!

一緒にフレーズを口ずさんで「英語が出来るエンジニア」を目指しましょう!

ベースとなるフレーズ「I know~, but」「I don’t mean to~, but」

I know~, but

こちらの記事でも書いた「I know~」に「but」を追加したパターン。

理由を合わせて伝えれるので、より使い勝手が増します。

エンジニアが使う「意見を伝える」フレーズを英語に変換

I don’t mean to~, but

「〜というわけではないのですが・・・」

meanは、「〜のつもり」という意味で使われる単語です。

誤解を防ぐときに使えるフレーズです。

特に設計、仕様で認識がずれることはよくあるので使えそう!

エンジニアがよく使う「理由と合わせて意見を伝える」をするときのフレーズ

急で申し訳ないですが、はなせますか?

I know it’s sudden, but can we talk?

かなり使えるフレーズ!

slackなどのチャットだけだと、相手の意図が理解できない時に使います。

前にも聞いたとは思いますが、質問してもいいですか?

I know I asked you this before, but could I ask a question?

何回聞いても忘れてしまいます。

けど、認識ズレのまま実装するよりも何倍もマシだと思ってます。

難しいとは思うけど、やるしかないです

I know it’s not easy, but we have to do it.

クライアントの意向は絶対なのです…

難しい場合は、タスクを分割したりとか別の案考えるはしますけどね

お忙しいとは思いますが、5分だけよろしいですか?

I know you’re busy, but could I have five minutes?

POとかPMに直接質問したい時によく使うフレーズ。

5分って言うのがミソ。

大体気づいたら20分は話せてるから

焦らせるつもりはないのですが、それを終わらせることはできますか?

I don’t mean to rush you, but can you finish it?

スケジュールに間に合わせたいけど、ミスされても困る…って時に使われます。

そうは言っても…焦るよねーー


まとめ

まとめ

意見+理由を伝える時に使うフレーズでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です